コールマン グラデーションソフトクーラー/4L[ 2000011325 ][ Coleman コールマン クーラーボックス ソフトクーラー ]

コールマン グラデーションソフトクーラー/4L[ 2000011325 ][ Coleman コールマン クーラーボックス ソフトクーラー ]

会社の悩みを解決いたします。経営相談・経営問題のコンサルティングなら優秀なコンサルタントのいる当社へご相談ください [ ロゴス LOGOSロゴス 扇風機 電池式扇風機 電池 卓上扇風機 電池 2way ] ロゴス 2電源・どこでも扇風機(AC・電池)[ 81336702 ][ ロゴス LOGOSロゴス 扇風機 電池式扇風機 電池 卓上扇風機 電池 2way ] スノーピーク HDタープ”シールド”・ヘキサ(M) Proセット[ TP-761S ][ スノー ピーク ShopinShopオートキャンプ テント タープ 関連品 キャンプ 用品 オートキャンプ 用品 SNOW PEAK ][P5][15SSrn][15SSso]。

経営相談・経営問題ならブイネットジャパン|経営のよろず相談 松室哲生

コールマン グラデーションソフトクーラー/4L[ 2000011325 ][ Coleman コールマン クーラーボックス ソフトクーラー ]


週刊ダイヤモンド ... 2017 総予測
週刊東洋経済 ... 2017 大予測
週刊エコノミスト ... 世界経済総予測 2017
日経ビジネス ... 私の経営リレー論 次の次まで考えろ

 年末です。というか本日は大晦日です コロンビア ウィメンズジャガーリーフリバーシブルジャケット[ PL3004 ][ コロンビア Columbiaコロンビア オムニウィック ジャケットコロンビア ジャケット レディースコロンビア パーカーアウトドア ジャケット ][13SSso] モンベル シャミース アジャスタブル ネックゲーター #1108363[ モンベル mont bell mont-bellモンベル ネックウォーマー ][14FWso]。今年もお世話になりました、というのは私からのメッセージではなく、雑誌はおおよそその種のメッセージを年末の特大号に込めます。
 経済誌もその例に漏れず、恒例企画が目白押しとなります。そのなかで2大老舗経済誌である『週刊ダイヤモンド』と『週刊東洋経済』は恒例の「総予測」ものを特集しました 。
 中でも『週刊ダイヤモンド』は特集だけで174ページのボリュームと、丸ごと1冊特集で埋め尽くした読み応えがある1冊でした。これが今週の第1位です。
 第2位はやはり「予測もの」を組んだ『週刊東洋経済』です SOTO(新富士バーナー) ステンレスダッチオーブン 8インチ ST-908[ 新富士バーナー shinfuji burner sotoキャンプ 用品 オートキャンプ 用品 ]。内容が充実している点においては間違いありませんが、ボリューム感と作り方で2位となりました。でも両方を読むことをお勧めします。
 第3位の『週刊エコノミスト』は2号前から総予測ものを続けていて、今号は「世界経済の総予測」に絞った特集です。同誌は雑誌そのもののボリュームが少ないこともあり、致し方ありません スノーピーク トートバック J ジャンボ[ UG-072R ][ スノー ピーク ShopinShopキャンプ 用品 オートキャンプ 用品 SNOW PEAK ]。
『日経ビジネス』は経営者のバトンタッチのタイミングはどうあるべきかを検証した特集ですが、ちょっと地味すぎる特集のような気がしました。


  <第1位>        <第2位>       <第3位>       <第4位>



今週の第1位は『日経ビジネス』・・・次代を創る100人 2017


日経ビジネス ... 次代を創る100人 2017
週刊東洋経済 ... ビジネスマンのための近現代史
週刊ダイヤモンド ... 知らなきゃ損する夫婦の法律相談
週刊エコノミスト ... 日本経済総予測2017

 この時期の週刊誌は忙しいものです。年末年始は休みとなるため、通常の進行ができず、合併号もその次の年明け第1号も年内に作らなければなりません。しかも特大号なのでページ数も多く、それらしい企画にしなければなんとなく読者も納得しないものです。
 特大号(合併号)の本命は来週ですが、先陣を切って『日経ビジネス』が「次代を創る100人」と言う人もの特集を組みました phiten/ファイテン 磁気ネックレス RAKUWAネックX100 チョッパーモデル ブラック 50cm/0211TG472053肩こり 首こり ネックレス ブレスレット x100 x50 x30 ワイヤー 男性用 女性用 プレゼント ギフト グッズ。2017年注目の100人と言うわけです。日本人だけでなく外国人も多く99番目が安倍晋三首相、100番目がドナルド・トランプ次期米大統領となっています。それぞれの人物をゆかりのある有名人が評している形で面白さは膨らみます コールマン パドルジャンパー (パープルフラワー)[ 2000013485 ]。今週の第1位はこれですね。
 第2位はと言うと『週刊東洋経済』です。特集は同誌得意の歴史物で、「近現代史」をビジネスマン向けに解説しています。ナショナリズム、ポピュリズムの台頭、あるいは保護主義と言葉は違えど、今の世界の動きのなかに共通するものの正体を見極めようと言うのが狙いです。お勉強もの好き、現代史好きにはいい企画でしょう アトラス 925 キット FRS #1831862[ ATLAS アトラスモンベル mont bell mont-bellモンベル スノーシュー クランポンかんじき ]。
『週刊ダイヤモンド』は「夫婦の法律相談」と言う企画です。社会の最小単位である家族の法律にまつわる事柄を解決策付きであまねく紹介しています コールマン キャンパーインフレーターマット/W[ 2000013057 ][ Coleman コールマン インフレーターマット wコールマン マットアウトドア キャンプ 用品 ]。これが第3位です ラフマ リング[ LFM2287 ][ ラフマ チェア 折りたたみlafuma チェアアウトドア チェアーキャンプ イスキャンプ 椅子キャンプ チェアガーデンチェアービーチチェア ビーチ チェア ][14SSso]。
『週刊エコノミスト』の特集は年末恒例企画の1つである「経済予測」です。来週は他誌も同じような企画になるのでしょうね。


  <第1位>        <第2位>       <第3位>       <第4位>

" style="float: left;" />

今週の第1位は『週刊ダイヤモンド』・・・労基署が狙う


週刊ダイヤモンド ... 労基署が狙う
日経ビジネス ... 謝罪の流儀
週刊エコノミスト ... 粉飾 ダマし方見抜き方
週刊東洋経済 ... 三菱商事VS伊藤忠

 電通の長時間労働事件だけの問題でなく、今労働基準監督署はあらゆる分野の長時間労働の是正に最大限の注意を払っているそうです コールマン メッシュチェア(ハイサマー)[ 2000013129 ][ ビーチチェア ビーチ チェア ][15SSso]【廃番】。それも特に今まで目を向けられていなかった分野。つまりエリートと呼ばれるホワイトカラー層の分野だそうです。投資銀行やコンサルタント、アナリストに公認会計士、はたまたマスコミと、言わずもがなの長時間労働が横行している業種への目が厳しくなっているのだとか。これを取りあげたのは『週刊ダイヤモンド』です。どんな「目」かは特集を読んでいただくとして、これは一読をお勧めします。と言うことで今週の第1位です。
 次に面白かったのは『日経ビジネス』で、テーマは「謝罪=不祥事」。不祥事が起こると企業は謝罪をしますが、その仕方でその企業に対する世間の目は辛辣にも温かくもなると言うお話です。実際最近ではネットで炎上した事件がテレビに取り上げられ、世界的に問題になるような事件もあります。事件が起きたときの対応と謝り方は決して間違えてはならないことだと言えます ユニフレーム FDシリコンスプーン ロング (オレンジ)[ 667965 ]。これが第2位。
『週刊エコノミスト』は企業の粉飾の問題を特集しました。粉飾が普通の人に見分けられるかはともかく2011年のオリンパス事件や昨年の東芝事件などから、どうやって粉飾をしたか、またどうやって見抜くかを記事で掘り下げています。
 第4位の『週刊東洋経済』は商社の現在の2強と言われる三菱商事と伊藤忠商事の特集です。


  <第1位>        <第2位>       <第3位>       <第4位>


今週の第1位は『週刊東洋経済』・・・情報の裏側


週刊東洋経済 ... ググるだけではカモられる 情報の裏側
日経ビジネス ... おのれ!間接部門 彼らが仕事を"邪魔"する理由
週刊エコノミスト ... 息子、娘を守れ! ブラック企業
週刊ダイヤモンド ... 商社の英語 門外不出のサバイバル習得法


 みんながなんとなく感じていることですが、「ネットに氾濫する情報は危ない」 ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト[ 81063112 ][ ロゴス logosロゴス バーベキューコンロロゴス バーベキュー 焚き火台 焚火台キャンプ オートキャンプ BBQ ]。しかし何かそれに対して自分で対処しているかと問われれば、多くの人が「いいえ」と答えるでしょう。今週の『週刊東洋経済』はますます世の中に溢れるようになった情報の問題を扱います。トランプ勝利を読めなかったマスコミ、SNSで拡散する偽情報と「いいね」、そしてスクープされたDeNAのキュレーションサイトの信憑性の危うさなど、情報が満載です コールマン CPX 6 充電式カートリッジハイパワー[ 2000013153 ]。これは考えさせられることばかりで、今週の1位は『週刊東洋経済』で決まりです モンベル キトラパック 40 #1223344[ ZERO POINT ゼロポイント ザック バックパック リュック アウトドア富士 登山 装備モンベル mont bell mont-bell ][14SSso]。
『日経ビジネス』の特集は間接部門を扱ったものです プール ビニールプール 水遊び 大型 家庭用大型特大ジャンボプールオーバルファミリープール プール ビニールプール 家庭用 大きい 子供用 ファミリープール 大型自立式 ラウンド 丸型プール【家庭用プール子供用プールお庭やバルコニーでリゾート気分】1.7m 水遊び ビッグ 室内 屋外 海水浴 巨大 特大。電通の過労死事件に代表される労働の長時間化の背景にはもう一つの見方があるとして、間接部門が自らの存在意義のためにつくりだすさまざまな「仕事」があるのではないかという問題提起をしています コールマン CPX 6 充電キット[ 2000010322 ][ コールマン coleman ][P10][15SSpu]。なるほどそういう視点はあまり意識していませんでしたが、そういう側面がないとも言えません.新しい視点の問題提起に敬意を表してこれが今週の第2位です。
 同じ「長時間労働問題」でもストレートに扱ったのが『週刊エコノミスト』の特集で、これは働き方に絞ってどうすれば働き方改革はできるのか、どういう手法があるかを考えています スノーピーク ギガパワーWGストーブ・GS-010スピンドルAssy[ GPP-021 ][ スノー ピーク ShopinShopキャンプ 用品 オートキャンプ 用品 SNOW PEAK ][P5]【廃番】。
 さて、『週刊ダイヤモンド』はときどきテーマに取りあげる「英語もの」ですが、今回の切り口は「商社の英語」。世界で活躍する商社マンはいかにして英語を勉強したか。でもそれほど斬新な提案はないような気がしました。


  <第1位>        <第2位>       <第3位>       <第4位>



今週の第1位は『週刊ダイヤモンド』・・・最強の高校


 以前に、あるベンチャー企業の経営者が「人を採る場合何を見るか?」という問いに出身高校を見ると応えていたのを思い出しました コールマン CPX4.5充電式カートリッジハイパワー[ 2000013156 ][15SSso]。大学でなく高校であるところに面白さがあったのですが、今週の『週刊ダイヤモンド』の特集はまさにその「高校」をフィーチャーしました スペア ユニフレーム バーベキューグリル用 焼き網(2枚組)[ 721858 ][ uniflame ユニフレーム プレミアムショップオートキャンプ バーベキュー 焚き火台 焚火台 BBQ 関連品]。地方の名門、公立と私立、系列校や一貫校などさまざまな切り口があり、同誌はそれを得意の図解などを用いて細かく分析しました。これは面白かったですし、多少の「売らんかな」的あざとさはあるものの売れるんじゃないでしょうか.これが今週の第1位です。
 第2位は『週刊東洋経済』得意のメディアものです コールマン マイメッシュボウル[ 2000012952 ][ Coleman コールマン アウトドア キャンプ用品 クッカー クッキングツール 調理器具 ][15SSso] SOTO (新富士バーナー) マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスターブラック[ SOD-310B ][ 新富士バーナー shinfuji burner sotoSOTO マイクロレギュレーターストーブ バーナー アウトドア ストーブ ガス ワンバーナー ][P10]。ネットメディアの台頭で既存メディアの存在感が薄れていくなか、同誌特集のタイトルにあるように「おカネを払うに足るメディア」かどうかをテーマに特集を組みました。
『日経ビジネス』は今年大いに産業界を騒がした創業家の話です。合併を承認しなかった出光家やセブンアンドアイホールディングスなど、いろいろありました コールマン グリルキャリーケース(L)[ 170-6492 ][ アウトドア コールマン colemanオートキャンプ バーベキュー 焚き火台 焚火台 BBQ 関連品 キャンプ 用品 オートキャンプ 用品] ラフマ トランサチューブ[ LFM1842 ][ ラフマ チェア 折りたたみlafuma チェアアウトドア チェアーキャンプ イスキャンプ 椅子キャンプ チェアガーデンチェアービーチチェア ビーチ チェア ][14SSso]。また初めて創業家以外から社長を出したサントリーや豊田家など創業家の話は放っといても面白いものです。その現実と課題を同誌は分析しています。これが第3位。
 そして第4位の『週刊エコノミスト』は国債の話です。それほど一般の人の興味を惹くとは思えませんが、重要なテーマです。


  <第1位>        <第2位>       <第3位>       <第4位>





トップページ -> 週刊経済誌の読みどころ

コンテンツ


お問い合わせフォームはこちら
{yahoojp}nt12-top06-362